より働きやすい環境を作るためにチェックしておくべきポイントとは

業績を伸ばす

商談スペース

近年、長引く不況の中で業績が伸び悩み、会社の経営者も自営業の人もなるべく沢山の利益を上げて、経費削減を目指し努力を沢山傾けています。しかし、それでも製造メーカーであれば、コストダウンが求められたり、一般的な会社であれば、人員削減を求められたりと苦労しているケースは少なくない。では、経営者はどのようにこの事態に対処したらよいだろうか。そんな中で、今注目を浴びているのが、コストをかけずに更に、リストラをせずに会社の業績を立て直す方法である。それは、内側に目を向けるという新しい考えである。それは、事務所やオフィスの配置を変えて仕事の効率化をはかるというものである。つまり、オフィスレイアウトの見直しである。この方法がなぜ良いかに関しては、様々な利点があるからだ。

前述でも述べたように、今経費を減らすことはどの分野の企業においても死活問題といえる。それで、なぜこのオフィスレイアウトが、経費節減の強い味方になるのかを説明しよう。まず、仕事の効率化から言えば、単純に仕事がやり易い環境が一番良いに決まっている。この点で事業主は自社のオフィスレイアウトを見直す事をお勧めしたい。まず、この取り組みを行うと事務機器や打ち合わせなどの場所まで行く歩行距離が短くなり時間短縮になる。また、職員の頭の切り替えが短くて済む、つまりロスタイムの削減につながるのである。そうなると仕事の効率化が進み、果ては経費削減に直結するのである。この方法だと予算をかけずに、仕事の効率化ができ、成功すればリストラを含め、会社に損害を与える事なく業績を伸ばす事につながるのである。では、経費削減に努めている事業主は、是非、このオフィスレイアウトに取り組んでもらいたい。