より働きやすい環境を作るためにチェックしておくべきポイントとは

SOHOでの利用

オフィスルームイメージ

商法の改正もあって、昔よりも会社を立ち上げやすくなったり、個人事業主として事業を行いやすい時代へと突入しています。そのため多くの事業者が起業を行っていますが、そのような起業者、特にSOHO事業者のような小規模なオフィスで活動をする人たちにとって、バーチャルオフィスは特に必要とされるケースが多くなっています。 取引の都合で自社に相手を呼ばなければならない、といったケースでもSOHO事業者や小規模な会社では適切な応接できるスペースも備えていないケースがよくあります。 そのような場合でもバーチャルオフィスを借りていれば、そのオフィスでの来客対応が可能です。またバーチャルオフィスは住所や秘書を借りる事ができるなどのメリットもあり、事業活動に欠かせないとして、今後もSOHO事業者などの需要がさらに伸びると考えられています。

その場にオフィスがあるかのように、電話を受け付けてもらえたり、郵便物を転送してもらえたり、あるいは住所を借りることができるバーチャルオフィスですが、出来ない事もあるので注意が必要です。 バーチャルオフィスで出来ないこととして、会社名義の銀行口座を開くのが難しいという問題があります。バーチャルオフィスは住所を借りる人が多くいますが、その借りた住所では、銀行が会社名義の口座開設を許可しないケースが多いため、注意が必要です。 また別に注意をしておきたい点としては、バーチャルオフィスは提供する会社によっては、オフィスのスペースが限られており、来客対応に関して断っているところもあるので、利用時は提供サービスについてよく確認することが大事です。